ED(勃起不全)の原因とは?- タダリスSXを徹底分析中

ED(勃起不全)の原因とは?

EDは先進諸国の男性人口のうち約1割が悩む疾患です。加齢に伴い増加する傾向があり、日本でも40~50代男性の約半数がEDに悩んでいるという報告もあります。しかし最近では、若い年齢でも悩んでる方が増えているみたいです。

では、なぜ人間は、EDになるのか…

今回は、その原因について書きたいと思います。ED治療薬を飲む前に勃起不全の原因について学びましょう。
まず、どういう仕組みで勃起をするのかを先に説明しておきましょう。
性的な興奮は、さまざまな神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態ですね。
もし、神経や血管が正常に働かなくなると、陰茎海綿体に十分な血液が流れず、十分な勃起が得られない=EDが起こりやすくなります。つまり、血液の流れが勃起には重要なんですね。
EDの原因の一つで、加齢に伴うものは、主に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなり、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。糖尿病や高血圧などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、動脈硬化が進行していることがあります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。